前世療法 過去生セラピー心の癒しと探求ナビの 前世療法 過去生セラピーと未来を訪れるヒプノセラピーで心・身・魂を癒し人生の目的やソウルメイト、カルマ、家族の絆、試練の意味を探求し望む未来を創るサポートをします。スカイプの他神奈川 藤沢 茅ヶ崎 平塚 寒川 海老名 東京 千葉からも

前世療法 過去生セラピーのロゴ心の癒し探求ナビのロゴ

一目ぼれと悪感情 その理由を探求する

一目ぼれをしたことがありますか?

初対面でたちまち恋愛感情を持ち、恋に落ちていくロマンチックな体験です。

そこには、理由と呼べるほどの理由はありません。

あとから、いろいろな理由を付けて、人に話して説明してみたり、
自分を納得させたりするものですが、
本当のところ、どうなのかはわかりません。

このような場合に、いわゆる前世・過去生に遡って、
その理由を発見できることがあります。

すると、不思議なことに、前世・過去生では家族であったり、
恋人同士であったり、
親友や師弟関係などきわめて親密なつながりがあり、
幸せな日々を送っていたか、
または、家族が離散したり、仲を引き裂かれていたり、
悲恋に終わっていたか…そんなイメージが現れてくるのです。

念のため、申し上げると、私は、前世療法セラピストとして、
前世療法が持つ癒しの作用と効果に信頼を置いていますが、
「前世・過去生は絶対にある」などと断定するつもりはありません。

しかしながら、このように、日々、現在と、いわゆる前世・過去生との、
密接なつながりや因果関係に、セッションで立ち合っていると、
人は、なんの理由もなく出会い、惹かれ合うことはないだろうと、
体験的に、考えざるを得なくなるのです。

「気になる相手とのつながりを探求する」ことは、
前世療法・過去世セラピーの重要なテーマの一つです。

つながりは、愛・思いやり・感謝など、
好ましいポジティブなご縁だけではありません。

悪縁・腐れ縁・嫌悪・恨み・憎しみ合う熾烈な関係も存在します。

なぜこんなに憎しみが湧いてくるのか?
なぜ顔も見たくないほど嫌いなのか?

コントロールできないほど強い感情が湧いてきたり、
憎しみや恐怖に圧倒されて、それが顔の表情や言動にも現れてしまう、
…そんな経験をされたことはないでしょうか?

悪口を言いふらされた、裏切られた、陥れられた…という実害を受けたか、
手強いライバルのような関係の相手であれば、
そうなったとしても、
ある意味、自然な心の動きだと考えることができそうです。

ところが、そうではありません。

被害者と加害者、諍いやもつれなど、全くないにもかかわらず、
一体、なぜこんな気持ちが出てくることになるのでしょうか?

人を疎ましく感じることは、ストレスを生むため、
不思議に思われて、この謎を解きたい、理由を知りたいということで、
セッションにお越しになることがよくあります。

血のつながりのある相手であれば、なおさら困惑します。

たとえば、お子さんが2人いて、最初に授かったお子さんだけ、
どうしても愛情を感じられない…というのはどうでしょうか?

その子の性格や能力、素行、容姿などには、問題はありません。

どちらも間違いなく血のつながった我が子でありながら、
公平に接したいと心がけているのに、
なぜか、一方にだけ、
疎ましさや嫌悪、否定的な感情を向けてしまうのは、
本当に理不尽で、不可解なことですね。

このようなテーマの前世療法セッションでは、
悪感情を持つ起源となった前世・過去世に退行していきます。

ここでちょっとお断りしておくと、
実は、最初から前世へ行くと決めてセラピーを始めたのではなく、
それがいつの時点であれ悪感情の起源に戻るという退行療法として行った場合でも、
子どもの頃や胎児期などではなく、
前世・過去生にたどり着くことが少なくありません。

セッションでは、その前世・過去生で何が起こっていたかを
丹念に探求していきます。

すると、きっかけとなった大小の出来事や、運命のいたずら、
人間関係の亀裂のようなイメージが、潜在意識の中から現れ出てきます。

さまざまなケースがありますが、たとえば、次のような出来事です。

○ 商売敵で、不当な仕打ちをされて出し抜かれ、追放を余儀なくされていた…
○ 有力者の正妻である自分の地位を別の女性に奪われ、
ぬれぎぬを着せられて処刑されていた…
○ 同じ相手に求婚する貴族のライバル同士だったが、相手は自分を選ばなかった…
○ 長期に渡って戦い続けた戦争で、軍隊を率いるリーダーとして敗北した…
○ 誠実に尽くし続けた相手に、想像もしない形で裏切られた…

このように、この人生では、争いや恨まれるような出来事が何もなくても、
いわゆる前世・過去生の世界では、はっきりとそれがあったことになります。

ご自分の潜在意識の中から出てきたイメージ世界ですので、
再体験しながら感情が動かされ、腑に落ち、納得できるのです。

同時に、セラピー的なアプローチによって、諍いやもつれが癒され、
悪感情が解放され、それらに翻弄されないように自由になることが促されます。

出会ったとたんに火花が散るような緊張が走る時、
まるで天敵のようだと感じた時、
それでも、仕事上、関わりを持たなければならないことはありますね。

相手がお得意先や隣人、お姑さん、
習い事の偉い先生であったりすることもあるでしょう。

気を遣い、緊張感で神経をすり減らし、
愚痴やアルコールでストレス解消するほかに、
なぜそうなのか、探求する方法があることを知っていただければと思います。

理解すること、腑に落ちることは、精神的な癒しになります。

それだけでありません。

好奇心を満たす目的ではなく、
セラピーとして、きちんと提供される前世療法セッションでは、
いわゆる前世・過去生で生じた関係のゆがみや、
悪感情、敵対心などを、再体験のイメージを通じて癒し、
解放を促すことが出来るのです。

ご自分の感情や想念が変化していくと、それが現在にも反映され、
相手との関係がより望ましい方向へ変容を遂げていくことでしょう。

2019年05月05日

この記事にコメントする

新たなスタートに立ち、自分を更新する

節分、そして立春を迎えるこの時期、
新たなサイクルのはじまりです。

今まで何となくすっきりしなかったとしても、
今から全てをリニューアルできる絶好のチャンス。

今までしたいと思っていたのに、
なかなか出来なかったことはありませんか?

季節のめぐりと宇宙的なエネルギーが、
後押ししてくれるのですから、
思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

私は、今、新しいホームページを作っているところです。

セラピストとなってからの年月と経験が、自然な形で、
新しい仕事の形へと変容を促してくれています。

これまでとは違うメニューとセッションを
間もなくご案内できる見込みですので、ご期待下さい。

人は安定を求めます。

どんなものであっても、しばらくとどまってなじんでくると、
いつの間にか腰が重くなってきて、
いつもどおりの安心感の中で、
ぬくぬくと過ごしてしまいがちになりますが、
本当は、この宇宙には、
ひとところに留まっているものは何も無いと言われます。

全てのものが、動き、進み、変化していくのです。

自然にそうなっていくこともありますが、
気合いを入れないと動けないこともあるかもしれません。

何かに追い立てられるように、
前進や変容をせざるを得なくなる状況もあることでしょう。

たとえば、親しい相手との別れ、お仕事の配置転換や
転勤、転職、ご病気、災害、環境の変化など。

自分では、何もしていないはずなのに、なぜか背中を押されて
一歩踏み出すことになります。

それが一見、不運や不幸のようであっても、
そこから良いものを受け取ったり、長い目で見てみると、
結果的に成長が促されたりということもありますので、
へこむことなく、進んでいきましょう。

生まれてから一歳ずつ、年を重ねるように、
今までも、これからも、刻々と変化していくことを少し意識してみると、
人生の味わいや視野の広がりがいっそう大きくなるかもしれません。

あるセミナー講師の方から、興味深いお話を聴きました。

「ごはんとパン、どちらにしますか?」
「コーヒーと紅茶、どちらにしますか?」 などと訊ねられると、
ほとんど無意識のうちに、それまでに習慣となっていたほうを
人は機械的に答えるというのです。

それは、「さて、どちらにしようか?」とあらためて思考して選び、
答えるのではなく、自動的な応答になります。

このようなことがたくさん積み重なって、自動反応で生活し、
新しい事物や体験、それに伴ってあるかもしれない感動までもが
次第に失われていくとしたら、残念であり、恐ろしいことです。

そうならないためには、どうしたら良いでしょうか?

新しい気持ちや、更新する意図を、
どのようにしたら持ち続けることが出来るかというのは、
深くて難しい普遍的なテーマですね。

過去の習慣や、慣れ親しんでいる物・場所にしがみつくのを止めて、
敢えて新しい体験へと向かう姿勢を持てるように、
勇気をもって進むことを、心がけていきたいと思います。

節分と立春は、それを後押ししてくれるパワフルな節目。

年に一度、必ず訪れて、
新しい選択と更新・リニューアルのために背中を押してくれる
この特別なチャンスを逃すことなく、
最大限、活かしていきたいものですね。

幸せな未来を訪れて望む未来を創る 未来順行

2019年02月04日

この記事にコメントする

無職で療養中の疎外感、心の不調と孤独感

ストレス、過労、トラウマ的な体験などで、
心のバランスが崩れてしまうと、
職を失い、無職となってしまうことが少なくありません。

心と体はつながっていますので、体調も崩れ、
身体的にも働きに出られる状態ではなくなります。

活動する意欲が無くなりますし、体も思うように動いてくれません。

セッションルームでは、
そのような状況のクライアントの方とお会いして、
セッションをさせていただいています。

たとえば、性別を問わずサラリーマンをされていた方は、
今まで定期的に入ってきていた収入が、突然、ゼロになります。

雇用保険や蓄え、そのほか何か生活費となる手立てがあればよいのですが、
なかなかそうはならない方もあります。

収入の道が途絶え、しかも心は不調で、今後の見通しも立たないとは、
どれほど苦しく不安なことでしょうか?

現状と将来への不安に押しつぶされそうになりながら、
ほとんど希望を見出せない中で、
それでも少しでも良くなりたいというお気持ちで
お越しになるのです。

まず、朝は起きて、…そしてその後にすることがありません。

テレビをつけてみれば、きちんと服装を整えたキャスターが、
緊張感のあるニュースを次々と読み上げています。

世の中では人々がいつもの流れに乗って、いつもの活動を始めています。

ところが自分一人だけが所在なく、
何かをしなければと思いつつも、
することが無かったり、出来なかったり、
ぽつんと取り残されてしまったような孤独感を覚えます。

時間のゆとり…と思ってみることも出来ますが、
やることがない自分って一体…? と考え始めると、
役割や居場所がない疎外感やみじめさが襲ってきます。

一日が平坦に感じられて、状況には変化がなく、
少しも前に進んでいないような焦燥感に襲われることもあるでしょう。

昼間、街中を歩いているのは、小さなお子さんを連れた主婦の方や、
第一線を退いたご高齢の方などですから、
どこへ出かけても、自分はどう見られているのだろうと
気になってしまうでしょう。

私は、サラリーマンを辞めて現在の仕事に転職したばかりの頃、
これに似た体験をしたことがあります。

デスクワークのサラリーマンが街中に出ていることがない日中、
所用で出かけると、その空気感に慣れていないため、
奇妙な感覚があり、違和感を覚え、
間違った場所に来てしまったような居心地の悪さを感じたものです。

今では、すっかり慣れましたが、
もしも転職ではなく、不本意な失職や退職であったならば、
どれほど疎外感と絶望を感じるだろうかと心が寒くなります。

人にとって仕事とは、社会とつながりを持つ大切なもの。

社会や世間から受け入れられ、居場所を持ち、
周囲からの受容と肯定感を得られると共に、
自分に対する受容と肯定感を持つことが出来るのは
心の安定にとって不可欠のことです。

今、これをお読みくださっている方が、
もしも無職で療養中ならば、
あなたは一人ではないということを思い出して下さい。

社会は、大多数の人々のライフスタイルを中心に動いています。

しかしながら、それは、ニュートラルにとらえれば
大多数に含まれない人々を排除しているわけではなく、
否定したり無視したりしていることでもありません。

心身の不調を抱えていると、
どうしてもひがむような暗い気持ちが湧いてくるものですが、
あなたと同じように、苦しい状況に耐えながら、
夜明けがやってくるのを待ち続けている方はあるのです。

そのような方々は、表には出てこないものの、
この世の中のどこかに必ずいるのだと思って、
心を明るいほうに向けましょう。

出口の見えない状況には、プラスの側面もあります。

ゆっくりとご自分の内面と向かい合い、
心の声や体の声に耳を傾けることがしやすくなるでしょう。

そして、忙しく過ごしていた時には、
考えもしなかったような何かが頭に浮かぶかもしれません。

子どもの頃のことが、ふと思い出されるかもしれません。

すっかり忘れていた懐かしい音楽がどこかから聞こえてきて、
何かに気付かされるかもしれません。

そんな体験を、私は「人生の夏休み」と呼んで、
「めったに手に入るものではないので、
この際、楽しんでみてはいかがでしょうか」とご提案しています。

夏休みですから、心は緊張を解いても良いのだし、
活動を休んでもかまわないのです。

無限に続いていくかのような、何もない時の流れを感じながら、
忙しく張りつめていた過去のご自分をいたわり、
優しく接してあげて下さい。

「人生の夏休み」に恵まれずに、一生を過ごす人もたくさんいます。

せっかく天から与えられた休暇を、焦りや不安で曇らせないで、
大切に過ごしてみましょう。

結果を出すこと、活動的であることや生産的であることだけが
良いわけではありません。

ふだん、人生や魂について考えることがなかった人であっても、
こうした機会には、トランスパーソナルな視野を持って
もの思いにふけることがあるものです。

自然界の営みの驚くような情景や現象、
前世・過去世や未来世、輪廻転生の不可思議さなどに触れて、
幼い子どものようなワンダーを感じ取られるかもしれません。

見える世界や体験から、目には見えない世界へと
視野が広がるかもしれません。

意識されていない自己=潜在意識の中にある
想像をしたこともないような体験や感情データ、記憶の断片、
そしてご自分を癒すパワーをイメージしてみましょう。

体とマインドが何もしていないかのように思われても、
潜在意識の中に在る自己治癒力は、その方のペースとタイミングで
その方にとって必要な休養や、役に立つ何かを届け、
活動を続けていてくれていることを
忘れないでいただければと思います。

2018年06月16日

この記事にコメントする

ご先祖さまや土地のご縁とつながる前世療法

関東地方のこの辺りでは、
毎日、厳しい暑さが続いています。
もうすぐお盆休み…。
楽しい旅行の予定やイベントなどの計画に、
ワクワクしている方も多いのではないでしょうか?
お盆といえば、
日頃、意識していない遠いご先祖様や
ご旅行で訪れる土地などに思いを向けて、
非日常的な気分に浸る特別な機会となるかもしれません。

続きを読む »

2014年08月05日

この記事にコメントする

雪景色とヒプノセラピースクールの実習

オリンピック、バレンタインデー、大雪と密度の濃い数日が過ぎ、
今日はあたたかい陽光が降りそそいでいます。
今週も、記録的な大雪となり、
慣れない雪かき、雪下ろしなど大変だったのではないでしょうか?
私どもは、ヒプノセラピー練習会と
スクールアドバンス・コースの実習を予定していたのですが、
延期となってしまいました。
実習は、クライアントをして下さる方に
初めてセラピストとしてセッションをする機会となります。

続きを読む »

2014年02月16日

この記事にコメントする

ことばと思考を手放す サウンドヒーリングと瞑想

言語をつかさどる左脳を休めるのは、
現代人にとって、簡単なことではないようです。
前世療法のセッション中なども、
潜在意識の中からイメージを受け取ると、
すぐさまそれについての思考が頭に浮かび、
無意識のうちに分析をしてしまう…ということはよくあることです。
日頃から、頭を使うお仕事に就かれていたり、
元々、左脳優位タイプの方にとっては、
受け身の状態で、現れてくるイメージをただ受け取るのは
たいへん難しいことに感じられるかもしれません。
最初のうち、思考を緩め分析を止めるのが難しいと感じられても、
2回目、3回目と体験なさるうちに、自然にコツがわかり
スムーズに前世を体験できるようになっていきますので、
あきらめずに前世療法にトライしていただければと思います。

続きを読む »

2014年02月11日

この記事にコメントする

野鳥好きと、鳥を嫌いになった前世

冬の楽しみの一つが、野鳥ウォッチング…と前回書きました。
鳥好きにとっては、これほどかわいい生きものはないのですが、
万人にとってそうであるわけではありません。
たとえばこれまでにセッションルームにお越しいただいた方々の中には、
苦手なもの、あるいは恐怖を覚えるものが「鳥」であるという方も
何人かいらっしゃいました。
twobirds.jpg
また前世療法にお越しになったあるクライアントさんは、
「鳥が怖い」理由を知りたいということで、
鳥が怖いと感じることに影響を与えた前世を訪れたこともあります。

続きを読む »

2014年02月02日

この記事にコメントする

バードウォッチングと鳥だった(かもしれない)前世

神奈川県のこのあたりでは、
今日は比較的あたたかい一日となりました。
この季節は、毎年、バードウォッチングを楽しんでいます。
朝、自宅2階のベランダの一角に、パンを置いておくと、
さまざまな野鳥が飛んできます。
ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、スズメ etc.
カーテンと窓ガラスを隔てたこちら側から
鳥たちが驚かないように身を潜めて眺めていると、
鳥の種類によって、行動の違いがよくわかり、
また同じ種類でも、個体差が大きいことに気付きます。

続きを読む »

2014年01月30日

この記事にコメントする

遠景、夜景、ライトアップ 灯台ウォッチングの癒し

セッションルームの窓からは、
遠くのほうに小さく江の島の灯台が見えます。
一日のセッションやスクールを終えた後、
窓の外を眺めると、あたたかみのある光が投げかけられ
たいへん癒されます。
enoshimalight.jpg
藤沢生まれの私にとって、江の島の灯台は
旧灯台とともに、幼い頃からなじみ深いものです。

続きを読む »

2014年01月28日

この記事にコメントする

江の島の灯台でいつも思うのは… 前世につながる風景

今日は午前中、江の島神社を訪れ、サムエル・コッキング苑と江の島の展望灯台にも立ち寄りました。
ご存知の方も多いと思いますが、室内の展望室からは
およそ海抜100メートルの高さからのパノラマを見渡すことが出来ます。
しばしば訪れる場所ではありますが、
ここから海水浴場やヨットハーバー、遠くの水平線などを眺めていると、
いつも心に浮かぶのは、海の近くで良かった…という思いです。
enoshimatoudai14011702.jpg

続きを読む »

2014年01月17日

この記事にコメントする

« 前の記事  

ユニーク アイ
メンタル サポート

ユニークアイメンタルサポートのロゴ


TEL: 080・5008・7108
メール: メール
スカイプOK・完全予約制

問題解決力が高く斬新な
退行療法=多次元セラピー

多次元セラピー・退行療法

あるがままに自分らしく
望むとおりの未来を実現

ヒプノセラピーで心を癒す

退行療法が苦手な方、辛い
過去には戻りたくない方に

回想法・ライフレビュー
&イメージヒーリング

心・体・魂を最適なアプローチでホリスティックに癒す

ホリスティックな癒しと
人生のスピリチュアルケア

ブログ記事カテゴリー

  • 前世療法もっと詳しく (51)
  • 前世療法セラピストから皆さまへ (42)
  • 前世療法 最近のセッションケース (20)
  • 前世療法とカルマ (12)
  • 心の癒し・ヒーリングタイム (11)
  • 前世療法プロ養成スクール (10)
  • 前世療法とパートナーシップ (10)
  • 人生の目的 (10)
  • さまざまな前世 (8)
  • 未来順行・未来世療法 (6)
  • 前世療法セミナー (4)
  • お知らせ (3)
  • グリーフワーク (2)
  • ブログカレンダー

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • アーカイブ

    ↑ PAGE TOP

    アイコン