前世療法 過去生セラピー心の癒しと探求ナビの 前世療法 過去生セラピーと未来を訪れるヒプノセラピーで心・身・魂を癒し人生の目的やソウルメイト、カルマ、家族の絆、試練の意味を探求し望む未来を創るサポートをします。スカイプの他神奈川 藤沢 茅ヶ崎 平塚 寒川 海老名 東京 千葉からも

前世療法 過去生セラピーのロゴ心の癒し探求ナビのロゴ

上司の人間性や欠点からのストレス

組織には上下関係があり、
上司と部下というタテの関係が重視されます。

たとえ、上司の言動に対して、「??」ということがあったとしても、
直ちにそれを言葉にしたり、
態度で示したりすることは普通はしないものです。

上司も人間。

その人間性や、欠点、行動上の難点が目に付いて、気になって、
もはや我慢ならない…というお悩みは、組織でお仕事をしている方ならば、
一度ならず、感じたことがあることでしょう。

ある調査によると転職を検討する理由の第一位は、
人間関係なのだとか。

セッションルームにお越しくださる方からも
そうしたお悩みをよくお聴きします。

もちろん過去に20数年間、サラリーマンをしていた私自身にも
覚えがあることです。

そこで今日は、発想を転換して、
ストレスを軽減するアイデアをご紹介してみたいと思います。

このHPは、前世療法・過去世セラピー専門サイトですので、
前世や過去生に、多少のご興味をお持ちか、
または、前世・過去世セラピーに多少、懐疑的であったとしても、
少なくとも全否定はされないだろうということを
前提としてお伝えします。

トランスパーソナルな観点に立つならば、
人は、輪廻転生を繰り返し、多種多様な体験を積み重ね、
そこから学びながら、成長、進化を続けていきます。

転生に伴う人生の計画には、魂に普遍のテーマ(=成長・進化)に加えて、
その魂に固有のテーマというものも存在していると言われます。

たとえば依存と自立、受動と能動、孤立と協調、お金、恋愛、家庭生活など。

ある転生で努力してチャレンジしてみたものの、死後、振り返りをしてみて、
「もう少しうまく出来たかも…」
「もっとこうしたほうが良かった…」という心残りがあると、
その思いはカルマとなって、次の転生に持ち越され、
もう一度、同じチャレンジが出来るような状況や環境が
(計画に組み込まれて)実現されていきます。

地球上の輪廻転生のプロセスにおいて、挫折や失敗、放棄、停滞、
あるいは堅実な努力、成功などの実体験があるからこそ、
それを乗り越えて、貴重で意義深く、価値ある多くの学びを
受け取ることが出来るのでしょう。

一つのテーマをさまざまな角度から体験し、それを数転生の間、繰り返して、
そのテーマについての全ての体験、全ての学びを完了させてしまったら、
そのテーマについては、いわば「卒業」という段階に至ります。

そして次なるテーマの体験と学びへと進んでいくのです。

通常、一度クリアして卒業したテーマを、
その後の転生でも、また繰り返して体験するということは無いと言われます。

それは、文字通り、時間のロスとなるためです。

現実の世界では、どうでしょうか?

小学生の子どもが、6段の跳び箱を飛べるようになったならば、
その子は喜び、嬉しくてたまらず、その後、毎日、
6段の跳び箱を、楽しく飛び続けるに違いありません。

しかしながら、魂は、次のテーマに探求に移っていくのです。

もしも次の転生で、再び同じテーマを計画に組み込んでいるとしたら、
そこには、何か特別な理由や動機があるのだと思います。

たとえば後進を支える、お手本を示して、
新しい視点をその時代のその社会にもたらすなど。

さて、ここで、大企業の会社の社長とか、
どこかの国の王様となっている人物がいると想像してみましょう。

その人は、なぜ、現在(今生)、社長や王様をしているのでしょうか?

答えは簡単なことです。

その役職・立場・ポジションなどから、
まだ学びとることがあり、卒業していないためです。

ということは、その社長の下で働く平社員や、
王様の下僕となっている人は、
社長や王様になる必要がもはや無い…ということになります。

既にどこかの転生で、十分に体験し、十分に学び取り、
クリアしている可能性が高いということです。

あなたの問題ある上司は、部下を指導し導くリーダーシップや管理能力を
まさに今、現在進行形で、習得しつつあるのだと考えてみましょう。

そしてあなたは、既にそれを学び終えているので、
上司となる必然性がもはやなく、部下となっているのかもしれません。

社長、王様、上司…などの身分や立場は、
普通に考えると、稀有な能力・資質を持ち、
人望があり、裕福で、運にも恵まれている人たちに与えられ、
誰にでもなれるものではないと思われがちですが、
どこかの転生では、あなた自身がそうだったかもしれないのです。

現在、彼らは、前世・過去生で達成できなかったことに
再度チャレンジしつつあったり、
過去にしてしまった過ちや損失を今こそ取り戻さねばと
奮闘努力している最中なのかもしれません。

実体験から学んでいるところなのだと想像してみるならば、
未熟であったり、失敗をしたり、問題を起こしたり、
あなたよりも劣る資質を持っていたりというのは、
当たり前で自然なこととして、少しばかり寛容に
受けとめられるのではないでしょうか?

私は、カウンセリングやコーチングのセッションの際、
物事の見方や考え方を、少し変えてみることを
お勧めすることがあります。

また、古今東西、世の中にある夥しい思想や哲学や宗教などの中から、
もしもその方の心を少しでもほぐして、
気持ちを楽にしてくれるものがあるならば、
取り入れてみてはいかがでしょうかとお伝えすることもあります。

トランスパーソナルな考え方は、それを受け入れられる方にとっては、
社会通念を離れた、全く新たな思考の枠組みや視点

提供してくれるユニークな要素となるのではないでしょうか?

2018年07月19日

この記事にコメントする

 

ユニーク アイ
メンタル サポート

ユニークアイメンタルサポートのロゴ


TEL: 080・5008・7108
メール : uniquei アット   hypnotherapy8.net
スカイプOK・完全予約制

問題解決力が高く斬新な
退行療法=多次元セラピー

多次元セラピー・退行療法

あるがままに自分らしく
望むとおりの未来を実現

ヒプノセラピーで心を癒す

退行療法が苦手な方、辛い
過去には戻りたくない方に

回想法・ライフレビュー
&イメージヒーリング

心をほぐすカウンセリング
とセミナー・ ワークショップ

ユニーク アイ
メンタル サポート

ブログ記事カテゴリー

  • 前世療法もっと詳しく (49)
  • 前世療法セラピストから皆さまへ (41)
  • 前世療法 最近のセッションケース (20)
  • 前世療法とカルマ (12)
  • 前世療法プロ養成スクール (10)
  • 人生の目的 (10)
  • 前世療法とパートナーシップ (9)
  • 心の癒し・ヒーリングタイム (9)
  • さまざまな前世 (8)
  • 未来順行・未来世療法 (6)
  • 前世療法セミナー (4)
  • お知らせ (3)
  • グリーフワーク (2)
  • ブログカレンダー

    2018年7月
    « 6月   8月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • アーカイブ

    ↑ PAGE TOP

    アイコン