前世療法 過去生セラピー心の癒しと探求ナビの 前世療法 過去生セラピーと未来を訪れるヒプノセラピーで心・身・魂を癒し人生の目的やソウルメイト、カルマ、家族の絆、試練の意味を探求し望む未来を創るサポートをします。スカイプの他神奈川 藤沢 茅ヶ崎 平塚 寒川 海老名 東京 千葉からも

前世療法 過去生セラピーのロゴ心の癒し探求ナビのロゴ

前世療法セッションとブロック・抵抗

前世療法は、ご興味のある方にとっては、
たいへん魅力的であり、心惹かれるものだと思います。

ご予約いただいた方は、
どのような前世・過去生へ行かれるのか、
ワクワクと楽しみにされて、
セッション当日には、大きな期待を持って
お越しになる場合がほとんどです。

前世・過去生への旅は、
前世療法セラピストである私にとっても、
いつも驚くような発見や気付きがありますので、
同じ気持ちを共有させていただいています。

初めて前世療法を体験される方であっても、
たいていはスムーズに催眠状態となり、
潜在意識からのイメージを次々に受け取られています。

…とはいえ、前世療法を心待ちにしていたはずなのに、
実際にセッションが始まってみると、
なぜか入っていかれない、イメージが出てこない…ということも、
稀にはあるのです。

それは、初めての方であっても、
過去に前世・過去生を訪れたことのある方であっても、
起こり得ることです。

どうしてこんなことになってしまうのでしょうか?

原因は幾つかあります。

1 まずは、気がかりなことや現実的な心配があり、
それらがストレスを生み出している場合です。

たとえばご家族が危篤状態であるとか、
帰宅する約束の時間に間に合わない…などが
気にかかって集中出来なくなる場合があります。

また、前世療法のことを知られたら、
家族やパートナーさんにどう思われるか?
前世療法を体験することで、自分が変わってしまうのではないか?…と、
近い将来のことを心配され、不安にかられてしまうこともあるようです。

前世・過去生、輪廻といったことは、
万人に受け入れられているものではありませんので、
周囲からの理解が得られない場合、気後れして
消極的になってしまうことがあるでしょう。

2 次は、見たくない気持ち、疑う気持ちがある場合です。

顕在意識(通常の意識の状態)では、好奇心があり、
心から前世へ行きたいと思っていても、
心のどこかに潜む、見たくない気持ちや疑う気持ちが
セッションの妨げとなることがあります。

人の心は複雑なもの、プラスの感情の裏側には、
必ずマイナスの感情も存在しているものなのです。

特に救いのない不幸な前世や、
悪事をはたらいて大勢の人々を不幸に陥れた前世は、
好んで見たいとは思う人はあまりいないでしょう。

3 解決や改善を望まない場合があります。

さしあたって問題やお悩みはなく、
シンプルに前世・過去生を探求してみたいという場合ではなく、
何か問題の解決や改善をテーマとして、
前世療法をさせていただくことがあります。

この場合、心の深層に、その問題を解決したくない、
手放したくない気持ちがはたらいて、進行を阻むことがあります。

解決を求める気持ちと裏腹に、葛藤や迷いもあり、
変化していくことを恐れてしまうのです。

3 セラピストとの相性、 
誘導の声やセッションルームの雰囲気など。

あまり言われていないことなのですが、
前世療法やヒプノセラピーにおいては、
セラピストとの相性も見過ごせない要素となります。

言葉による誘導で催眠に入っていくため、
声の質や、言葉のセンスなどに違和感があると、
潜在意識に暗示誘導が浸透しにくくなります。

またセッションルームの雰囲気なども、
個性的過ぎる空間や、清潔感のないお部屋などは、
受け入れられないということもあるかもしれません。

誰にでも、好みというものがあり、
それらも、セッションとは無関係ではないのです。

4 想像していたとおりではないと感じた場合

初めての方は、インターネット上で情報を集め、
催眠とはこんな感じ、前世イメージはきっとこんな感じ‥と
あらかじめ想像して、それにとらわれてしまうことがあります。

当日、実際に前世療法セッションが始まると、
想像していたのとはかけ離れたイメージや感触に驚いたり、
失望したりしてしまうことになるかもしれません。

前世・過去生のイメージの受け取り方には、個人差があります。
また視覚、聴覚、体感覚などによる受け取り方の違いもあります。
現れてきたイメージが、期待していたよりも曖昧で漠然としていた場合、
こんなはずではない、これは違う…と否定したくなってしまうのです。

もっと鮮明な映像や、もっとはっきりとした展開を求める気持ちが強いと
そうなっていないことが腹立たしく感じられてしまうでしょう。

セッションの冒頭のところで、
何がどのように現れても、それを受け入れ、認めるお気持ちを持つことが出来ると、
現れるイメージは、次第にはっきりとしたものに変わっていくものです。

元々、何にでも完璧を求める傾向がある場合、
前世療法においてもストレスを生むことになってしまうでしょう。

5 ご自分の状態をジャッジしてしまう場合

さまざまな理由から、日常、ご自分の言動を振り返って
チェックしたり、ジャッジをしたりすることが、
パターンとなっている場合があります。

たとえば、誘導の際、「美しくて広い砂浜にいます…」という言葉を聞いて、
そんな砂浜が想像できない場合、
こんなことではダメだ…という思いがすぐさま起こり、
気持ちがくじかれてしまうようなことです。

いろいろなことに対して、自己否定的な評価を下し、
前世・過去生など見えるはずがない…とまで思って
悲観し落ち込んでしまうのです。

1~3 については、努力によって乗り越えることは困難であるかもかもしれませんが、
4と5 については、ちょっとした心がけやコツがあります。

まず、先入観や強い期待を持たずに、
そしてあまり多種多様な情報を集め過ぎずに、
好奇心をもって、臨んでいただければと思います。

前世療法は、その方によって、体験の仕方が異なるものですので、
誰か別の方が報告していることが、その方に当てはまるとは限りません。

夢を見ているような感じ‥という方もあれば、
はっきりと現在の感覚が残っているままだった…という方もあり、
前世イメージの中に深く浸り、
後で客観的に振り返るのが難しい方もあります。

最初のうち、イメージが曖昧であったり、
誘導のとおりにイメージが浮かんでこなかったりしても、
とりあえず、そうなっていると感じてみましょう。

潜在意識から現れるイメージは、
特に、視覚タイプではなく、体感覚優位の場合、
非常に漠然としているものです。

半信半疑ながらも、ご自分を信頼し、
またそのイメージを信頼して、それを追っていくうちに、
だんだんと流れに乗って、イメージも湧いてくるようになり、
同時に、イメージを受け取ること自体にもなじんで、
楽々と受け取れるようになっていきます。

前世療法 過去生セラピー 心の癒しと探求ナビ


2015年08月01日

コメントはこちら





ユニーク アイ
メンタル サポート

ユニークアイメンタルサポートのロゴ


TEL: 080・5008・7108
メール : uniquei アット   hypnotherapy8.net
スカイプOK・完全予約制

問題解決力が高く斬新な
退行療法=多次元セラピー

多次元セラピー・退行療法

あるがままに自分らしく
望むとおりの未来を実現

ヒプノセラピーで心を癒す

退行療法が苦手な方、辛い
過去には戻りたくない方に

回想法・ライフレビュー
&イメージヒーリング

心をほぐすカウンセリング
とセミナー・ ワークショップ

ユニーク アイ
メンタル サポート

↑ PAGE TOP

アイコン