前世療法に現れるカルマは心残りや後悔、やり残した事、会えなかった人に起因します。前世・過去生のカルマを解放する前世療法セッションで、心・身・魂を癒し前世・過去生にまつわる否定的な影響から自由になり、未来の可能性をひらくサポートをします。神奈川 スカイプ 藤沢 茅ヶ崎 寒川 平塚

前世療法 過去生セラピーのロゴ心の癒し探求ナビのロゴ     前世療法 過去生セラピーブログのロゴ前世療法ブログの案内ロゴ

前世療法・過去生退行 と カルマ

Q. カルマとは、どのようなものでしょうか?

A. 因果応報、ひとつの行いに対して、
同じ行いが報いとしてやってくる。

良い行いには、良い報い。 悪い行いには、悪い報い。
原因があって結果があるとはいえ、
そこに現れる現象には、複数のパターンがあり、
単純ではありません。

深海

因みに、カルマは否定的な作用ばかりではなく、
良いカルマのことをダルマと呼ぶことがあります。

前世で、自分が誰かに対して行ったことを、
今の人生で、今度は他者が自分に対して行う というのは、
カルマを理解しようとする時、
基本的な図式として見ることができます。

しかし、前世療法を行っていると、
このようにシンプルな事例ばかりに出会うわけではありません。

カルマについて、もう少し詳しく考えてみることにしましょう…

さまざまなカルマ

「カルマ」という言葉は、
日常生活では、耳にすることはほとんどなく、
あまりなじみのない言葉かもしれません。

カルマについて書かれた書物の中には、
カルマを分類しているものもあるようです。
関連書籍を紐解いてみると、
すっきりと分類できるものではないことがわかりますが、
カルマの中でも、比較的シンプルなカルマは、
身体的なカルマかもしれません。

前世(過去生)において斬首刑を受けた人が、
今生では、生まれつき、首の辺りに問題を持っている…。

生まれつき、足に大きな痣がある人が、前世に退行してみると、
足に大やけどを負っていた…など。

前世療法の個人セッションでは、こうしたケースによく出会うのです。

水2

信念や決断、感情を含むカルマの場合には、
複雑に入り組んだ人間模様やドラマがあり、
簡単に述べることはより難しいでしょう。

トラウマ的な出来事にまつわる恨みや復讐心、後悔の念、
罪悪感、やり残したことがあるという思いが、
転生を超えて、長い間持ち越される…。

そんなドラマは、古来より語り継がれ、
数多くの小説や映画などのテーマにもなっています。

試練 障害 病気 の意味

人生において、容赦なく立ちはだかる試練や障害、
災害、病気によって、
心身に大きなダメージを受けてしまうことがあります。

"何かちょっとした問題が起こっていて、その原因について、
あれこれ思い巡らせてみるけれども、
思い当たることは、何もない…"

"自分には、落ち度が何もないのに、
なぜか不運な出来事の連鎖が続いていく…"

"初対面の相手から、(こちらは何もしていないはずなのに、)
不愉快な対応や、予想外の悪意、攻撃などを受ける…"

こうした体験は、多かれ少なかれ、誰にでもあるものです。

日常生活に支障を来たすほど深刻であったり、
人生の重大な局面において耐え難い障害となる時、
心身のバランスを回復するためのサポートが必要となります。

カルマのせいであると断定することはできませんが、
前世療法を行ってみると、理由とおぼしき因果関係が
理解でき、心が癒しに向かい、
思いがけず、解決の糸口を発見できることがあります。

催眠状態への誘導を経て、潜在意識にアクセスし、
いわゆる前世・過去生に退行することによって、
思いもよらない出来事を再体験し、その体験と、
現在、起こっていることとのつながりが、
ふいに気付きとなって、意識化され、
通常の意識に戻った後、不思議と腑に落ちるということは、
セッションではよくあることなのです。

カルマの解消   ネガティブな影響を解放すると …

塔

Q. カルマは逃れられないものですか?

A. カルマについては、逃れられない悲惨なもの、
過酷で恐ろしいもの、懲罰的なイメージを
お持ちの方が少なくありません。
「地獄」や「閻魔様」「罰」などの印象もあるのでしょうか?

カルマとは、本来、自分以外の誰か、
即ち第三者に裁定されるものではなく、
自分自身が自らの行いを振り返り、バランスを回復しようとして、
引き寄せるものであると考えてみましょう。

前世療法・過去生セラピーにおけるカルマとは、
心残り、愛着、執着、こだわり、復讐心、恨みなど、
未完了の感情や思考です。

そのような感情や思考が、
なぜ生まれたのかを探求することによって、
問題となった出来事に新たな光を当て、解決に導き、
完了させることができます。

不要な感情を解放し必要な癒しを受け取ることが、
カタルシスをもたらし、
心身の状態を調和させることにつながります。

カルマの解決、すなわち、未完了の出来事や感情などを
完了させることが、前世療法の意義でもあるのです。


Q. カルマの解消は、してはいけないような気がします。
生涯、負い続けるべきではないでしょうか?

A. 一般的に、良くない行為には、
どこかしらに罪悪感が付きまとっています。

そこで、「こんなにひどいことをしてしまったのだから、
大きなカルマが生じるのは当然のこと、
このカルマを背負い続けていかなくてはいけないのだ」と
お考えになる方がおられます。

夜の月

そういう方は、前世療法を受けて、
前世での出来事を再体験したとしても、
否定的な感情や思考を解放して、
その前世の影響から自由になることを
望まないことがあります。

望まないというよりも、「望んではいけない」と、
カルマを"今生の宿命"のように受けとめて、
当然の報いとして持ち続けると
心に決めていることもあるようです。

自分でバランスを回復するのがカルマだとすれば、
どれほど辛く、苦しい現実があっても、
カルマから逃れたり、誰かに肩代わりしてもらったり
することはできません。

しかし、だからといって、罪悪感や後悔や苦しみに満ちた
毎日を繰り返す必要はないことを、
ぜひ知っていただきたいと思います。

大切なのは、問題となっている前世の出来事から、
気付きと洞察を得て、
新たなよりよい選択をする意思を持つこと。

また、叶わなかった願いややり残した課題に気付いて、
今度こそは果敢にチャレンジし、責任を果たし、
思いを達成する意図を持つことではないでしょうか?

前世・過去生に起因する悲しみや怒り、
孤独感、絶望、信念などは、
前世療法・過去生退行によって
癒すことができます。

十分に癒し、統合することができた時、
その前世・過去生での体験は、
成長のためのひとつのきっかけであったと
心から納得できることでしょう。

現在に変容をもたらし、よりよい未来を創るための 前世療法セッション

蓮

Q. いわゆる前世へ退行し、
どんな前世であったかよくわかりました。
でも、それだけで、心が癒され、
よい変化が起こるものでしょうか?

A. 前世・過去生へ行き、出来事を再体験し、
カルマの原因や、現在、起こっている問題・お悩みの
起源を発見し、そして現在に戻ってくる…

それだけでは、現状はほとんど変わりません。

現状の問題の起源に戻り、カルマに気付いたら、
過去からのネガティブな影響やパターンを
十分に解放する必要があるのです。

そうすることによって、その前世の影響から完全に自由になり、
現在と未来をよりよく生きることができるように、変化していきます。
それが、前世療法・過去生退行 のセッションが目指すゴールです。

前世療法のセッションの中には、
まるで映画館に出かけて映画を見るように、
前世をただ見るだけで、ほかには何も行わず、
現在に戻ってくるセッションが少なくありません。

大島の太陽

私どもは、まだ日本に紹介されて間もない、
ヨーロッパ発の斬新な退行療法 多次元セラピーを使って、
前世に由来するあらゆるネガティブな影響を解放し、
現実に変化をもたらすことができるように、
前世療法のセラピーを進めます。

> 多次元セラピーの詳細


> 前世療法の個人セッション


前世療法を学びたい方は、スクールのページをご覧ください。


カルマはどのように作られるのでしょうか? 前世の振り返りと次の転生の計画

個人のカルマがどのように生じるのかについては、
さまざまな考え方があるようです。

検証が困難であるうえに、おそらくそれを考えた方の
死生観が反映されているものですので、
どんな考えにもその方にとっての真実が
含まれているということなのでしょう。

前世療法のセッションでは、一つの転生で死を迎え、
体から魂が離れた後、
振り返りや回顧を行う場所に赴きます。

この場所は、中間生と呼ばれます。

極楽浄土、天国、あの世、宇宙などと呼ばれることもある場所です。

中間生では、生きていた時とは異なる意識の状態にあると言われます。
より意識が広がり、客観性を持ち、高い視点から
包括的な評価をすることが出来るのです。

魂が自分一人で回顧する場合のほか、
他の複数の魂たちによって回顧を手助けして
もらうこともあります。

輪廻転生の目的となる普遍的なテーマは、
進化・成長や人格・霊格の向上と言ってよいかと思いますが、
実はそれだけではなく、その魂にとっての
固有のテーマも存在すると言われます。

たとえば依存と自立、制限と自由、
行動力、思いやり、愛…など。

今、終えてきたばかりの前世・過去生全体は
細部に渡って回顧され、その魂にとって
必要なテーマについても丹念に振り返りが行われます。

そして達成されたことや未完了であることについて
一つ一つ検討を加えます。

その際、「こうすればよかった…」
「あんなことはしなければよかった…」
「本当はこうしたかったのに…」という心残りや罪悪感、後悔などが生まれ、
埋め合わせてバランスを回復しようとする衝動や意欲を生じさせるのです。

次に、魂は新しい転生に向けて計画を立てる場所へ赴きます。
多次元セラピーでは
それをプランニングステージと呼びます。

回顧によって明確に意識化されたカルマとダルマ(良いカルマ)は、
次の転生の計画を
立てるにあたっては、課題として組み込まれるのです。

カルマの課題に取り組み、出来る限り達成できるように、
必要な条件を吟味し、
それを満たす次の転生のプランを作り上げていきます。

たとえば身体的な条件、両親の選択、
時代や地理的な場所、文化的な背景 …etc.

数ある転生の中で、ある特定の前世が
今生に最も強い影響を与えているのは、
こうした理由によると考えることができるでしょう。

個人のカルマが作られ、それが次の転生に組み込まれる経緯は
上記のようなものと考えられていますが、
現実にはこのようにシンプルに進むとは限りません。

トラウマ的で複雑な死を迎えた場合、
前世を振り返ろうとしないこともありますし、
混乱や執着のあまり振り返るための明晰さを
失ってしまっていることもあるのです。

こうしたケースでは、次の転生の計画に
カルマが課題として組み込まれることはありません。
それでも埋め合わされるカルマは存続し、
次の転生に影響を及ぼします。

人類のカルマの起源はどこにあるのでしょうか?

この壮大な問いかけに、
マインドの思考によって答えることは困難です。

カルマについて詳細に書かれ邦訳されている本は
あまり多くはありませんが、
さまざまな書物をひも解いてみると、
トランスパーソナルな観点からの洞察に
触れることが出来ます。

その中の一つ、ルドルフ・シュタイナーのカルマ論から、
人類のカルマの始まりについて
簡単にご紹介してみましょう。

人類の歴史を遡っていくと、
レムリアと呼ばれる文明の時代があったと伝えられています。

人間となる魂が宿る物理的な体は、
四足歩行の動物に近い未発達の状態であったと
言われています。

やがてレムリア文明のある時期から
人間は二足歩行をするようになり、
初めて手を自由に使うことができるようになっていきます。

手を使うことによって、これまでは不可能であった
さまざまなことが出来るようになり、
進歩が飛躍的に加速していくのです。

人間としての最初の個人的なカルマは、
手を使ってさまざまな行動(偉業や悪行)を
行った時に始まったと言われています。

その後、アトランティス時代になると、
人類は言語を使うようになり、言葉による
コミュニケーションが活発に行われる段階にまで
進化を遂げます。

言葉によってさまざまなことが為され、
そこから新たなカルマが発生します。

手による行為が作るカルマと
言語によるカルマは異なります。

言葉活動によるカルマは、個人のレベルにはとどまらず、
個人を越えて人類のカルマとなったと考えられているのです。

人智学的洞察に基づくシュタイナーの見解を
どう感じられるでしょうか?

二足歩行、手を使うこと、言語活動は、
現代の私たちにとってごく普通の人間の在り方です。
原初の人間が、現在と同じような段階に進化したところで
既に最初のカルマが発生しているというのは、
人類の進化にはカルマが伴うことへの
根源的な必然性を考えさせられるようです。

※ 参考文献: カルマの形成 「カルマ論」集成3
  ルドルフ・シュタイナー著 西川隆範訳 イザラ書房


ユニーク アイ
メンタル サポート

ユニークアイメンタルサポート

TEL: 080・5008・7108
メールuniquei アット   hypnotherapy8.net
スカイプOK・完全予約制

問題解決力が高く斬新な
退行療法=多次元セラピー

多次元セラピー・退行療法

あるがままに自分らしく
望むとおりの未来を実現

ヒプノセラピーで心を癒す

退行療法が苦手な方、辛い
過去には戻りたくない方に

回想法・ライフレビュー
&イメージヒーリング

心をほぐすカウンセリング
とセミナー・ ワークショップ

ユニーク アイ
メンタル サポート

見出し

見出し

↑ PAGE TOP

アイコン